Cafe de Mari

世界は優しいのかもしれない

いよいよ9月も最終日になってしまいました。飲食店の生き残りをかけて奮闘7ヶ月め突入!!

今月もいろんなことがありました。コロナ渦中で気落ちする日もありますが、、一人でも多くの人に笑顔でいてほしい。

 

今月も奇跡やドラマに満ちた体験をたくさんありがとうございました。

日々の売上を支えてくれてる常連さま、カフェドマリを盛り上げてくれる皆様、おかげさまでなんとか希望をつないでくれています。

いつの日か不動のカフェドマリになる!!

神戸の料理研究家さなえちゃん、静岡のあおいりゅうさん、オンライン化を後押ししてくれる門馬ファビオさん、ルビッチの塗り絵イラストを描いた木村さん、ピアノのマルコさんとまみこさん、NYブロードウェイミュージカルの生配信やZOOMを使ったオンラインイベント占いとか、太田の食材を使って料理動画を作ってくれたコウさんたち、、

 

 

ふり返ると才能と人が巡り合うカフェに近づけている・・・

 

いろいろ悩んで起業したわけだけど、上手くいく保証なんてないし、残念ながらメンヘラを持ち合わせてのチャレンジに不安な日々もあります。ひとつ言えるのは、どんな時も今この瞬間に生きているということ、それがすべて。

個人的に見えてる世界観なので、正解か不正解は横に置いて・・・私が感じてること。

こんな混沌とした世の中で、落ち込んだり絶望してもは無理もないのに、皆、平静を保って笑顔で頑張ってる。本当に立派だと思う。すごいことだよぅ~。

 

 

最近はYouTubeやTikTokにハマり、行動できない日はそれをひたすら見ながら寝落ちするのが日常になってます。

 

マナブログさんやイケハヤさん、マイキー田中さん、キンコン西野さんの世界観が好きです。惜しみなく、自分の知識を公開したり、経験を発信している人の愛情の深さを感じ、多様性を受け入れる社会は自らが作るということを教えてくれます。

 

えんとつ町のプペルを今年初めて観ました。

今、一番必要なのは、希望と信じる心だと思い出させてくれます。

 

世界はこんなにも優しいということと、純真な気持ちでいてもいいんだということを教えてもらった気がしています。

一見、軽やかに器用にこなしてるように見える人が、意外と人生を生きるのは不器用という件について、、報われる日は近いのかもしれません。

インターネットの繋いでるその中身は想像以上に大きかった。