Cafe de Mari

緊急事態宣言解除

ついに全国で緊急事態宣言が解除されたのですね。知りませんでした・・・

今日は久しぶりにお席が満席になりました(*´▽`*) 解除を知らず、準備不十分で今日も慌ててましたが、、、 お客さんいわく、、「いつも通りのマリちゃん」と励まされ何やってもドジな一日が過ぎていきました。 本日もありがとうございました。

こんな不況の中、県外からもわざわざ足を運んでくださるお客さまや、解除後すぐに会いに来てくれる。こんな小さなCafeにどんな秘密があるのか?

あの場所は何か神がかり的な出会いや奇跡が起こるらしい・・・。

お客さんが言いました。

「このCafeは不思議。あのドアは入りづらいのに、引き寄せられるようにドアを開けてしまった」「私の友達にカフェマリを紹介したんだけど、ドアの近くまで来てどうしても入れなかった。。。らしい」「30年ぶりの再会➡若い時にドーナッツを高校生にごちそうしたおじさんと当時、駅の近くでミスドをおごってもらった高校生」「いつも一人でCafeなんか入れないけど、ここは違う」「あのドアは人を選り分けてるんじゃないの?ここのお客さん皆優しい」

 

いずれも、お客様の感想ですが、

 

カウンター越しに私が見えているのは「お客さまにとって必要でふさわしい出会い」という事実。

お客様同士が自由に会話を楽しんでいる様子を見ていると、私もうれしく、元気になって帰っていく様子を見るとホッとします。

言葉で説明しにくいけど、人はいつでも成長できるし今を変えていく力があると信じています。よりよく変わろうとする心と心が引き寄せられて、あのCafeは必要になっていくんですね。

 

恋や結婚、お金、人間関係、自分自身について、家庭のこと・・・ いろいろ悩みはつきものだけど解決策はひょんな出会いから気づきをもらうものです。

周りに合わせる自分ばかりではなく、一人で出かけて、もしもあの青いドアが目の前に現れた時、入れるか入れないか、、いつか試してみてください(*^^*)

キーワードは勇気かもしれません。

 

心の緊急事態宣言解除!!(^^)/

ピースボート76クルーズで

 

 

シェアスタジオ始めました。

コロナの自粛期間解除で、少しずつ日常を取り戻していく様子ですが、まだまだ油断は禁物といった印象です。

飲食店や娯楽産業がやり玉にあがったところで、当事者の私のカフェも他人事ではなく日々が正念場でした。どんな工夫ができるか?とりあえずやってみようの精神で思いついたら即実行でした。たくさん失敗もして、許していただきながら、今日まで続けてこれました。

このコロナ騒動のおかげで、日ごろの生き方や物事の捉え方などが、よくも悪くも明るみに出たような気もしています。

 

不器用でも正直に自分と向き合ってきた人にとっては追い風というか、共感の輪が広がりインターネットを通じたコミュニケーションも活発になったと思います。

 

ということで、シェアスタジオ(太田市東別所町)におーぷんしました。コロナの影響でお稽古もままならないことも多くあるかもしれません。

 

バレエが好きだけど恥ずかしいとか、ストレス解消に音楽に合わせて体を動かすのもとても効果的です。ついでにTikTokYouTubeにチャレンジしたりして。

私は本気ですよ!(^^)! YuoTuberになりたい!!

コラボ出演してくださる方募集中です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店の限界と今後の展望

ここ、群馬県太田市でコロナ感染が告知されてから約3か月目に突入!!

こんなに感染が広がることを想像していただろうか・・・?私の場合、武漢の様子をニュースで見ても実感が沸かずどこか他人事のような気がしていたのですが、、

近所の施設でクラスターが発生したり、ニュースの話題はコロナ一色に。そしてその度に「飲食店の危機的状況」が報道される。無論、私のカフェも新規参入の店舗だし、飲食店経験も浅い中でどう対応するか?が焦点になってくる。

この3か月ないし2か月間は、日々の情報と自分の判断、行動に大変迷いながら格闘している。

まずは健康と店舗維持を最優先に、、さらには今まで細く続けてきたイングリッシュナイトや発達障害カフェ、音楽ライブなど、オンライン化して交流できないか模索を続けている。

そんな中、FBで出会った世界や他県のお友達からも応援メッセージや食材、飲食店をオンライン化など情報をいただき本当に心強く感じました。FB交流をきっかに始めたLIVE配信も、だれもいないカフェなのに、なんだか厨房がステージになったような高揚感がありました。楽しいですね。

気落ちしてる場合ではないな・・・と、どんな状況であれワクワクできることを探す価値はあります。

飲食店のウリはおいしいもの。というよりは最近は、美味しそうなインスタ映えのほうが優勢だったりして・・・やっぱ見た目大事だよなぁと悩んだ日も・・・ 

流行り廃りもありますが、最後は人でしかないという真実を体感している今日この頃です。

私はどこまで取り組めるか?成長できるか?飲食店として、食べ物以外に何を発信できるのか?今後の課題です。生きることに飲食は欠かせないのだからまだ、可能性は未知数。

カフェドマリは、食べ物がウリではなく、人の縁や才能が巡り合える場所の提供というコンセプトです。

限りない人々の優しさや知恵、才能が形になっていく様子を発信できるカフェとして、インターネットの媒体を大いに活用していきたいと思います。SNSやネットはたまたパソコンやスマホは本当に難しいけど、子供のような心で「タップしたらこうなった」という体験の連続をお伝えしていきたいと思います。

コロナ明けには、人材の雇用が生み出せるくらい成長したい。

恥ずかしながら、今はワンオペブラック企業ですから(笑)