Cafe de Mari

もう、2020年は好きなことをしよう

コロナコロナで、2020年は生き方を見つめる一年になりました。

コロナの感染数が増えれば、やり玉に上がるのが飲食業やホテル、イベント業ですが、そんなことよりコロナの死亡者より自殺者が増えている現状について、心理的負担が緊迫した状態にあるのではないか?と心傷めています。

どんな環境にいようとも、今を必死で生きていて、不安を抱えていることは他人事ではありません。

インターネットや物質、お金の豊かさが、人間を幸せにしてくれるような気がしていたのは錯覚だったと認めざるを得ないのです。今ほど希望が必要な時代はそうないような気がします。

コロナの感染拡大に伴い、自粛生活が長引くことが原因で経済不安や仕事、健康面、人間関係など、ストレスを感じない日はないかもしれません_φ( ̄ー ̄ )

Withコロナ時代に何ができるか?は、課題ですが、こんな環境だから、チャレンジもほどほどに休んだり、できなかったことや人生の心残りを整理するのもよいと思えました。

私は会いたいと思った人に連絡したり、会えるなら会おうと決めました。

 

話は変わりますが、前職でインドネシアの実習生と関わっている時に気づいたことです。

1つ目に、日常にギターがあって歌を歌う、音楽を楽しむ

2つ目に、SNSで気軽にライブ配信をしたり、ドローンを飛ばして撮影して投稿したり、工夫に満ちたテクニックや話題は、常にリスナーやフォロワーを楽しませていました。

3つ目に、必要な物や知識をシェアしていること。部屋のスペースが限られていることと、実習は3年間なので借りぐらしのような環境で過ごしています。散髪も実習生同士でします。多分YouTubeで、やり方を勉強して➡実践。

 

今、2年目のカフェドマリを断捨離中です。

右も左もわからない起業の中で、無駄にお金をかけてしまったところを整理して、工夫でカバーできるものはなんでもして、どうにかこの苦境を乗り切ります。

私の人生、いつだって大胆な決断と、決断に対する後始末の繰り返しですが、どうにかやっている現実を鑑みると、結果、誰かが言っていたように、死ぬこと意外はかすり傷なのかもしれません。

TikTokが、想像以上に再生数が上がってしまい、驚きました。コメント欄にたくさんご意見いただきありがとうございました。あれは、なかなか・・・

シェアCafeとかコラボCafeという概念広がるといいなぁ。

日替わり店長yoppiさんも、毎週日曜日、副業としてオリジナルのカフェバーを目指して思考錯誤しながらカフェドマリを盛り上げてくれています。

水曜オタク会も、だんだんメンバーが増えて共感と共鳴の瞬間を目の当たりにするのは、なんだかうれしいです。

カフェドマリ子の志は、お客さんのチャレンジや夢を後押しするステージを作り、昭和30年代のような心意気でお客さんとロマンを語れる環境、叶える道筋を諦めずに模索することです。

 

覚悟はできてる。すべてはシナリオ通り。

 

 

 

プペル電柱広告看板プロジェクトに参加して

2020年10月20日(火)AM10:00頃 ついにプペル電柱広告看板プロジェクトのクラウドファンディングが100%達成!!いたしました。

ご支援くださった皆様、この小さなカフェの成り行きを見守ってくださった皆さま、本当にありがとうございます。


これで、群馬第一号のプペル電柱広告がこの太田市の飯田町に出現いたします。

 

只今、電柱広告のキムラさんと着々、打ち合わせ、準備を進めています。

カフェドマリの前に1本、薬のアオキさんの近くに1本、小学校の近くに1本立つ予定です。

 

TVでもネットでもじわりときていますが、ついに12月25日にキングコング西野さんの絵本「えんとつ町のプぺル」が映画化され公開されます!!

7月に入会した西野エンタメサロン。これまでにオンラインで、志高いたくさんの人たちと出会いました。

もっと純粋に夢を語ってもいいじゃないか?という思いが引き寄せられて起こす奇跡の瞬間を共にしたいから、きっと今日も希望を探し続けてる姿に励まされています。

不器用ながらに、幸せを思い描いて、あらゆるところに自分の役割を探して行動する勇気を私はとても心強く感じるのです。

このコロナ渦中にお店の再建を願い、葵井柳宇さんをはじめ、協力体制のFBグループに賛同くださったこと心から感謝いたします。

さて、初めてのクラウドファンディングを体験させていただいた今の感想です。

率直、簡単ではないです。はい、お金が絡むことは特に”(-“”-)”・・・ 

何故なら、私自身コミュ障なことがきっかけで一人起業した経緯もある中、人の観点は様々ですし、基本コミュニケーションはオンラインという環境です。

 

 

どんなことも、同じ目標や目的を遂行する過程には様々な軋轢や悔しい思いをすることは避けられないです。ここはひとつ覚悟して取り組むことをおすすめします。

※途中、しんどくなったら、休むこともとっても大切です。

 

 

私の経験測ですが、クラファンや補助金申請の成功に必須なものは・・・

1、明確な数字の記載・・・経費内訳、区分について

2、世の中のニーズと解決策の提案➡必要の理由説明

3、感情や潜在意識に訴えかける、経験談やストーリー、楽しい未来を想像させる○○なイメージ。

 

いつでも私が大切にしていることは、何かができることが価値ではなく、私だからできるんだという自分を信頼する気持ちを意識的に持ち続けること。ラポールってよく聞きますね。

 

信じることがつらくなる時は、もしかしたら、だれでも生きていれば体験するかもしれません。

夢が叶うことを信じる前に、自分の存在そのものを信じてくれることこそが、力になると私は思うのです。

私は親に見放された体験から、ずいぶん長い間、自分を信じることが難しかったけど、このクラウドファンディング100%達成は、まだ私の居場所ややれることがあるという証明になりました。無名のカフェに力を与えてくれたこと、信じてくれたこととても大きな意味があることが、じわり感じる今日この頃です。

 

えんとつ町のプペルは、「信じる」というテーマの本質を描いた作品です。きっとどの世代の人たちの心にも温かな希望を思い起こさせてくれることでしょう。

 

そして、ちゃっかり宣伝。カフェドマリでも、台本付き映画チケット販売中です。送料無料でお送りいたします。ぜひこの機会によろしくお願いします。

 

 

 

 

世界は優しいのかもしれない

いよいよ9月も最終日になってしまいました。飲食店の生き残りをかけて奮闘7ヶ月め突入!!

今月もいろんなことがありました。コロナ渦中で気落ちする日もありますが、、一人でも多くの人に笑顔でいてほしい。

 

今月も奇跡やドラマに満ちた体験をたくさんありがとうございました。

日々の売上を支えてくれてる常連さま、カフェドマリを盛り上げてくれる皆様、おかげさまでなんとか希望をつないでくれています。

いつの日か不動のカフェドマリになる!!

神戸の料理研究家さなえちゃん、静岡のあおいりゅうさん、オンライン化を後押ししてくれる門馬ファビオさん、ルビッチの塗り絵イラストを描いた木村さん、ピアノのマルコさんとまみこさん、NYブロードウェイミュージカルの生配信やZOOMを使ったオンラインイベント占いとか、太田の食材を使って料理動画を作ってくれたコウさんたち、、

 

 

ふり返ると才能と人が巡り合うカフェに近づけている・・・

 

いろいろ悩んで起業したわけだけど、上手くいく保証なんてないし、残念ながらメンヘラを持ち合わせてのチャレンジに不安な日々もあります。ひとつ言えるのは、どんな時も今この瞬間に生きているということ、それがすべて。

個人的に見えてる世界観なので、正解か不正解は横に置いて・・・私が感じてること。

こんな混沌とした世の中で、落ち込んだり絶望してもは無理もないのに、皆、平静を保って笑顔で頑張ってる。本当に立派だと思う。すごいことだよぅ~。

 

 

最近はYouTubeやTikTokにハマり、行動できない日はそれをひたすら見ながら寝落ちするのが日常になってます。

 

マナブログさんやイケハヤさん、マイキー田中さん、キンコン西野さんの世界観が好きです。惜しみなく、自分の知識を公開したり、経験を発信している人の愛情の深さを感じ、多様性を受け入れる社会は自らが作るということを教えてくれます。

 

えんとつ町のプペルを今年初めて観ました。

今、一番必要なのは、希望と信じる心だと思い出させてくれます。

 

世界はこんなにも優しいということと、純真な気持ちでいてもいいんだということを教えてもらった気がしています。

一見、軽やかに器用にこなしてるように見える人が、意外と人生を生きるのは不器用という件について、、報われる日は近いのかもしれません。

インターネットの繋いでるその中身は想像以上に大きかった。

 

 

 

コロナ対応に思いつくこといろいろ走らせてみた結果

なんとなく、近況報告したくなりまして、、、書いてます。

コロナ絶賛大放出中の5月~6月の間はよくフェイスブックでLIVE配信したり、ブログ書いたり、非対面で何ができるかの奮闘の中、いろいろ未知の分野に手を出してきました。

そんな折、ネットからこのカフェをの情報を知って県外からアクセスしてくださる方や、海外に住む懐かしい友とZOOM再会したり、代官山の老舗レストランの料理長とのコラボ企画発案したり、インターネットなしでは語れない奇跡の体験をさせていただいてます。

7月にはキングコング西野さんのエンタメサロンに入って、オンラインCandyや電柱広告看板プロジェクト、NYブロードウェイミュージカルオンライン公演クラウドファンディングとZOOMレッスンなど・・・ 純粋な夢や希望はどこかでつながるということをリアルに体験しています。

やはり問題となるのは、お金と時間ですね。ここもとにかくできること片っ端から(;´∀`)

人件費かけない。経費削減は基本、給付金や補助金申請、太田シティプロモーションの応募、、、何度となく企画書や書類作成と向き合いました。我が人生において、こんなに文字化する経験は初めてです。

しかもいつもギリギリで、ポンコツ、ままありのまま精一杯がいつの間にか、カフェドマリのウリになってしまいました。

結果は悲喜こもごもありましたが、自力で給付金や補助金に取り組み、採択されたという経験がもれなく実績になりました。太田シティプロモーションは門前払いの不採択でしたけど、、おかげで、社会の構造や違和感から語れる言葉が増えました。

結果➡批判でも否定でもなく、一人の人間として混沌とした中でも、人々の救いは希望や信じることの強さの中にある。ということに確信を持てたことが最大の報酬でした。

まだ、オンライン化の駆け出しで独断で知識や技術が欠けてることも、お許しいただきながら今日できる最大限でベストを尽くしていきます。

オンラインイベントにコラボしてくれてる皆さんにこの場を借りて感謝しつつ、オンラインシェアCafeという概念がいつか、身近になりますことを夢みています。

西野えほんさんの作品が各地では上演されて、少しづつ本質的な価値が見直されていくような気がしています。

今日もがんばるぞい